よりハッピーな毎日を送るための3つのステップ | バンフォード日本公式サイト | bamford

よりハッピーな毎日を送るための3つのステップ

column_main_202008
ロンドンのバンフォードのウェルネスコンサルタント、ミラ・ラセレスはヘルス&ライフスタイルコーチとしても活躍しています。
今回はミラがおすすめする、よりハッピーな毎日を送るための3つのステップをご紹介します。
ミラのホリスティック アプローチはすべて「肉体は自然治癒機能を持っている」という考えがベースになっています。

[Step.1] ウェルビーイングのためのモーニングルーティン

column02

静かな環境の中で座って5分間、ボディスキャンを行いましょう。
身体の隅々に気を配り身体の声に耳を傾けることで現在の自分にフォーカスすることができます。
毎日、マントラ(真言)やアファメーション(自分自身に肯定的な言葉を伝える)を行うことも1日をポジティブに始める上でおすすめです。

[Step.2] 現在起こっていることに心を配る

column03

ストレスや不安感というのは過去や未来と関係しています。
私たちが毎日を過ごす中で、今起こっていることに心を配ることで、より平静を保つことができます。
コーチングをしていると多くの人が「いつかは幸せになれると思っている」ことに気づきます。
次の職場では、次のパートナーとなら等、幸せはここではなくどこか他のところにある、という認識を変えなければ幸せな自分自身と出会うことはありません。
コーチングをしている人の中には、定期的に時計にアラームを設定し、そのアラームがなると休憩し、深呼吸を行い、状況を振り返り考えや感情を確認する作業を行っている人がいます。
意識を今に向けて、今の自分に集中することで自分自身に自信をつけて、幸せになることに前向きになれるのです。

[Step.3] 良い体験を自分の中に取り入れる

人はポジティブな発想に意識を向けると、ストレスと闘う力が高まり、免疫力もアップし、よりハッピーに近づけると言われています。
コーチングをしている人たちには、幸せを感じた瞬間を思い出して、その瞬間の詳細(香り、感情、音、味覚など)を頭の中で再現する30秒のエクササイズをすることを勧めています。
何かが起こった時には、こうしてストレスと向き合う気力を高めることができるようになります。


特別なことは何もありません。
ちょっとした意識の向け方で、毎日がもっと素晴らしく、幸福感に満ちたものになっていきます。
漠然とした不安を感じるときや、気持ちが落ち込むときにもぜひお試しください。